ホーム > How-to > 新型首軸

新型首軸



シリさん

今回は今まで作ってきた色々な改造首軸の話.


この骨は現行の2世代前
オビツ60+トイスケルトン+POPスタンド首軸

オビツ胸骨に桃胸を装備するために
内皮としてパラボ40S胸をカットしたものを使用.

この仕様の問題点としてPOPスタンド軸が折れ易い事が一番に挙げられる.
二番目の問題点はヘッドの首穴は微妙に大きさが違うので
軸を削ったりヘッドの穴を調整したりする必要がある場合も.


コレはパラボ旧47を新しく組んだときに作った首軸.

胸骨はオビツ60
オビツ60の胸骨に付いている首骨付根をそのまま使用してトイスケで関節追加.
首軸はPOP軸をトイスケに直接固定.
固定する際はポリパテ+小ネジ貫通で.

この仕様の問題点はやはりPOP軸が折れる可能性が高いことと
ヘッド穴との相性の調整.


この骨は現行の1世代前
オビツ60+トイスケルトン+自作首軸


そして・・・


コレが最新の現行型.

骨はDDdy3背骨+オビツ60胸骨+トイスケルトン
首骨の付け根はオビツ60胸骨のパーツをそのまま使用して
トイスケルトンを瞬着+ネジ止め固定.
首軸は自作の最新型.


横から

DDdy3の背骨との接続はそのまま刺さります.
少し嵌り具合が浅いかもしれないが・・・

dy3の腰外皮は胸の方まで延長されているので
オビツ60胸骨を使う場合はカットした方が良い.
特に桃胸を装備する場合は内皮を使う必要があるのでカットは必須です.


内皮を装備した状態.

今回はDDdyからの更新だったのでDDdyの内皮をそのまま使用.

因みにヘッドの座繰りや胸外皮の首の長さなどによって
首骨のトイスケを1コマ程度増減させます.


首軸に使う材料

上の透明のはφ6mm スミチューブ(熱収縮チューブ)

下の黒いのは両端にM3ネジが切ってあるプラスチックスペーサー
長さはお好みで.


スペーサーにスミチューブを二重に被せます.
割とギリギリの太さですが.

収縮させるのにヒートガンとか持ってないので
長いネジを刺してペンチで握って熱湯掛けて収縮させました.


トイスケと合体.

首骨部分に使うトイスケは3/16

まず、ボール受けの中を覗くと穴が開いているので
そこからドリルを突っ込んで3mmの穴を貫通させます.

次にボール部分の先端が段差になっているので
段差部分がなくなるまでカットします.

ボールの先端部分に貫通させた3mmの穴の周囲を
皿ネジが納まるように削ります.

M3皿ネジをボール側から貫通させて軸を固定して完成.


この首軸の利点は首穴へのフィット具合と入手性の良さ.

二重のスミチューブには程よい弾力があって
首穴へのフィット具合が丁度いいです.

入手性はPOPスタンドよりは良いと思う.
ウチは毎週秋葉原へ行っているので西川電子で買います.

耐久性はまだ数ヶ月しか使ってないので不明だけどPOP軸よりは強いと思う.

というわけで新型首軸の具合が良かったので
ウチの1/3娘の首軸を順次更新中です.

2013/08/18 : How-tocomment 2trackback 0
すごくいい感じだね
dddy3になって稼働範囲増えました?
触ってみたいなと
[ 2013/08/23 07:23 ] [ 編集 ]
>国際救助隊 さん

dy+オビツ骨からdy3になったので
可動範囲はあんまり変わらないような・・・

ただオビツ骨だと股が閉じないので
そこは若干改善されたかと.

あと膝がギィギィ啼かなくなったw
[ 2013/08/23 17:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

shiranagi D

Author:shiranagi D

mail

Twitter

注意事項

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター